白地手形とは

債権回収の魂

白地手形とは

スポンサードリンク
債権回収の魂手形・小切手の基礎知識>白地手形とは
最初にこちらのページに来られた方はトップページからどうぞ。

白地手形とは

手形用法には、「振出日、受取人は、手形要件になっていますからできるだけ記入してください」と、曖昧な書き方になっています。

振出日、受取人は、手形要件の一つなので必ず記載しなければなりませんが、たとえそれを書かずに振り出した手形でも有効とみなされます。

これは、当座勘定規定第17条で、「もし、小切手若しくは確定払いの手形で振出日の記載のないものまたは手形で受取人の記載のないものが呈示された時は、その都度連絡することなく支払うことができるものとします」とされているからです。

このように手形要件の一部が空白になっている手形を白地手形といいます。

空白で認められるのは、「受取人」「振出日」「支払期日」「金額」の4つです。

白地手形は、振出人・受取人の合意の上で振り出すものです。

振出人から補充権を与えられた受取人は、その意思にしたがって白地部分を補充するのが当然です。



@受取人白地

白地のままでも流通します。

銀行も白地のまま取立依頼に応じます。

A振出日白地

サイトの長い手形は信用力が乏しいため、それを隠すために白地にされる場合があります。

@Aの場合、銀行は白地のまま取立に応じますが、遡及権を失うので取立時までに必ず補充しなければなりません。

B支払期日白地

支払日がいつになるかわからないため、危険です。

C金額白地

金額をいくらでも変えられるため、もっとも危険です。


↓債権回収の無料相談を受けたい方はこの下↓

スポンサードリンク




Amazonで債権回収を調べてみる

債権回収の無料法律相談はこちら

債権回収の魂
手形・小切手を振り出す
手形法、小切手法
手形の種類
手形の呼び名
手形の流通・決済
小切手の流通・決済
マル専手形とは
手形交換所の機能
約束手形の記載事項
約束手形用法とは
手形金額記載の注意事項
手形の有効・無効な記載事項
手形の支払地と支払場所
支払期日の決め方
白地手形とは
振出日の記入について
振出地と振出人の記載
手形記載事項の訂正・抹消
代表者以外の振り出す手形
共同振出と手形保証とは
手形保証人の責任
代表取締役を兼務する手形
手形の収入印紙
手形の裏書とは
裏書譲渡の連続
手形につけられる条件
白地式裏書とは
銀行へ手形の取立依頼
手形割引とは
手形貸付とは
手形振出を受ける場合
裏書手形を受け取る場合
白地手形を受け取る場合
手形の裏書の連続確認
手形の裏書の抹消
手形の物的抗弁・人的抗弁
呈示期間を過ぎた手形
不渡り手形とは
第0号不渡り事由とは
第1号不渡り事由とは
第2号不渡り事由とは
当座貸越契約とは
第2号不渡りの異議申立て
異議申立預託金の返還
手形が不渡りになった場合
手形の振出人が倒産
不渡り手形の遡求権
手形の依頼返却とジャンプとは
手形書換後の旧手形
代表取締役個人の不渡り責任
不渡手形と相殺
手形訴訟の手続
手形の書換に応じる場合
手形を盗難・紛失した場合
偽造手形の支払い
手形変造の責任
融通手形とは
融通手形を見分ける
手形詐欺の手口とは
公示催告の手続とは
手形・小切手の時効期間
手形・小切手の時効起算日と満了日
手形・小切手の時効中断
利得償還請求権とは
為替手形とは
為替手形の要件
為替手形の引受
為替手形の引受人の責任
荷為替手形とは
小切手とは
小切手の記載事項
小切手の取立
先日付小切手とは
線引小切手とは
小切手の不渡り
自己宛小切手とは
小切手の入金証明とは
Copyright (C)債権回収の魂All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします